日  


いつも足湯にて 源泉を汲んでいますと・・・ 『そのお湯何に使うん? 飲むん?』 と聞かれることもしばしば・・・     

『晶子染めと言って 片山津の源泉と柴山潟の泥で染め物をしてるんやよー』 とお応えして 染め体験にもお誘いさせて頂いておりますが・・・ それでは 


【晶子染め】 って何 ということで


 片山津の源泉で植物を煮だし カルデラ湖といわれる柴山潟の湖底土を媒染利用した 環境に優しい天然素材100%の泥染めです。

 金沢大学大学院自然科学研究科 理学博士 田崎和江教授の温泉学研究で 身近にある植物に温泉と湖底土の持つ神秘的な力を借りて生まれた染め物です。


 【晶子染め】 の名前の由来

 気品のある色合いは 与謝野晶子の短歌
『 風起こり うす紫の波うごく 春の初めの 片山津かな 』 
を連想させることから 【晶子染め】と名付けられました。


こちらのハンカチは 体験のお客さまの作品です。 センスいっぱいでですよねー  

P1120122P1120061











では、みなさん晶子染め体験場  検番『花館』でお待ちしてます。