こんにちは!
本日の体験者様は 別グループではありますが、不思議なご縁で一緒に体験して頂くこととなりましたお二組様です

最初にこちらの2名様をご案内。。。
P1000833
















ひとこと
    「世界で一つだけの思い出ができたようです。」
                        と頂戴できました

時間をかけて丁寧に仕上げられたボーダーが『思った通りにしあげられた!』と大喜びしておられたのが印象的でした。

・・・・・と、完成するまでの間の出来事でした。
晶子染めの体験では、毎回 アツアツの源泉を汲みに行き、その温泉を使用して染めて頂いております。
その為、ほんの数分間 お客さまだけで輪ゴム付けなどの作業を進めて頂くのですが、温泉を汲み終わり帰ってみると!
    女子が名増えていたのです。
 お連れ様・・・にしては少し距離のある座り位置。
しかし、雰囲気は一緒に体験をしているかのように溶け込み、お話ししている内容は「おでん」と「駅弁」という謎な会話にとまっどったスタッフ。。。
戻りました!!とお声かけしても4名様のお話は止まりません
 もうしばらくしてから、「では(晶子染の)説明をしてあげてください!」といきなりお話を振って頂きビックリ
もう体験どころではないので、スタッフ、お得意のネホリハホリ

  やっと全貌が明らかになりました

同じ旅行社のパッケージプランで、行きの電車が通路を挟んでお隣だったこと。その際におでんを召し上がっているのを見て羨ましかったこと。駅弁も美味しかったこと・・・ etc・・・
まさか晶子染め体験でも一緒だとは といったところでしょうか

御先のお二人は一足お先に体験場を後にされたのですが、その際に
  『帰りの電車で見せ合いっこしましょう』と、皆さんでお約束されていらっしゃいました
P1000834















『輪ゴムを止める作業からとても楽しく、染め上がりの感動はやばかったです。』と、こちらも ヒトコト 頂戴いたしました
チャーミングな彼女たちでしたが、「本当は二日酔いになるつもりで飲んだのですが、ならなかったので外に遊びに出ました」と、これまた雰囲気に似合わず大胆発言
 この後の予定が未定だということで、加賀市が誇る、鹿野酒造さんへいってらしゃいと おすすめしてみました
  無事にたどり着けたかな~?

明日もみんなで仲良く、きをつけてお帰り下さいね



本日もありがとうございました